こんなお家の状況はありませんか?雨漏りチェック
お悩みの方は、エースペイントにお気軽にご相談ください!

雨漏り診断

雨漏りは放っておくと危険!

“雨漏り”は建物にとって寿命を縮める大敵。 ひとたび建物内部に水が入りこんでしまえば、構造部分を傷めてしまったり、湿気た木材が大好物の白アリを呼び寄せてしまったり、恐ろしい事態を招いてしまいます。

天井のシミ

壁のシミ

雨どいの傷み


築10年以内の住宅の雨漏りの場合

築10年未満の住宅の雨漏りの場合は住宅瑕疵(かし)担保責任保険が適用されますので、まずは建ててもらった工務店(事業者)へ問い合わせていただき、瑕疵保険に加入していることを確認されることをお勧めします。保険のタイプによっては調査費用も保険が適用されることがありますので、ご確認いただくことをおすすめします。

築15年以上の住宅の雨漏りの場合

築15年以上の住宅の雨漏りの場合は、建物のあらゆる部位で経年劣化が進行していることが予想されます。その場合は雨漏り修理というより改修工事になる可能性も高くなります。エースペイントは雨漏り調査から修理・改修工事まで承っておりますのでお気軽にご相談ください。また雨漏りの修理(修繕)工事を行った際には、リフォームかし保険への加入をおすすめします。

いつ防水工事をしたらよいか

雨漏りは進行してしまう場合は、
内装工事なども加わることもあるため
費用が時に倍程度かかってしまう場合もあります。
そうならないように日頃、自分で行える
簡単な点検があるんです。

下記のような症状があったら要注意です。


・防水面(床)がひび割れている(屋上・ベランダ)
・防水面(床)防水層が膨れている または、防水層が剥がれている(屋上・ベランダ)
・何年も排水溝にゴミ等が詰まっている(屋上、ベランダ)
・外壁のひび割れ・サイディングの板間目地のシールの劣化 亀裂(外壁))
・窓のサッシ廻り シールの劣化 亀裂(外壁)


当てはまる項目が多ければ多いほど
雨水を防ぐ防水層が破損している
可能性があります。
一度防水層に水が入り込むと、
水分が完全に乾くことは絶対にありません。
そして、水分は建物を痛める原因です。
また、雨漏りは、屋上・ベランダ・外壁クラック(ひび割れ)
窓のサッシなど様々な場所で
起こりえるため、油断することはできません。
定期的にメンテナンスをしてれば、
原因の特定も比較的容易なのですが、
何十年と、何のメンナンスもしていないと、
大規模修繕のように、莫大な費用が
必要になってしまいます。

症状が現れる前に定期的な点検をお勧めします。

douzo.png

雨漏りの原因はさまざま

屋根のストレースのひび割れや 瓦の割れ・ずれ、棟板金の浮きや棟板金の釘の浮き、 漆喰の崩れ、天窓などの防水の処置が不十分であった、 コーキングの剥離、 経年劣化や老朽化によるもの等 が原因として屋根のストレースのひび割れや 瓦の割れ・ずれ、棟板金の浮きや棟板金の釘の浮き、 漆喰の崩れ、天窓などの防水の処置が不十分、 コーキングの剥離、 経年劣化や老朽化によるもの等が考えられます。雨漏りに気づく場合には天井にシミができていたり、 壁にカビが生えてきたり、 家の中がカビ臭いなどの異常を感じて というケースがほとんどです。雨漏りの被害が拡大するごとに費用がかさんでしまうため、耐久年数には達していなくても該当するものが見つかったときには早急に対応しましょう。

雨漏り箇所

こんなことはありませんか?

下記のような症状が見られたら、家の中のどこかで雨漏りが起こっている可能性があります。

  • 天井にシミができている

  • 壁紙が湿っている

  • 壁紙や障子紙、ふすまなどが波打っている

  • 壁紙にカビが生えている

  • 壁紙の一部がはがれている

  • 玄関の靴にカビが生えている

  • 窓(サッシ)のまわりだけ湿っている

  • 床の一部がふくれ上がる

  • 家の中がカビくさい

  • 静かにすると、どこかから水滴の音がする

ばなー1.png
バナー小3.png
ばなー10.png
  • Facebook
  • Instagram
foot.png

エースペイント株式会社 〒870-0146 大分市乙津港町2丁目4-3 TEL 0120-4116-45 FAX 097-535-8566

メールアドレス anan@acepaint.co.jp   営業時間 9:00~18:00 (定休日)日、祝日

©2020 by ACE PAINT CO.LTD

bottoun.png